MENU

地元工務店は後悔する?失敗・後悔しないために確認すること

大手ハウスメーカーは安心感がありますが、金額的に手が届かないということがよくあります。

地元工務店でなら手が届きそうだけど、工務店で家を建てても大丈夫かな?と思っていませんか?

結論を言えば、地元工務店で家を建てても全く問題ありません

しかし、地元工務店は情報をなかなか得られないので心配になりますよね。

地元工務店で建てる時によくある心配
  • 本当にちゃんとした家が建つのか…
  • 知名度がない分、安心材料がないので心配

そこで、本記事では地元工務店に関する疑問点や注意点、失敗しないためのポイントについて専門家の立場から解説していきます。

本記事の具体的な内容
  • 地元工務店で家を建てる時のメリット
  • 地元工務店で家を建てる時のデメリット
  • 地元工務店で家を建てて失敗しないために確認すること

これらについて解説していきます。

この記事を読むことで、地元工務店の特徴に対する理解が深まります。

地元工務店で理想の家づくりを実現させましょう。

目次

地元工務店で家を建てるメリット

地元工務店で家を建てるメリットは以下のとおりです。

地元工務店のメリットを理解して、家づくりの参考にしてください。

コストパフォーマンスが高い住宅が建てられる

大手ハウスメーカーでは、大量に生産と仕入れをするため建材などの材料費は工務店よりも実は安いことが多いです。

しかし、営業マンと設計者が別々だったり、工事を下請け業者に依頼したりします。

そうすると家づくりに関与する人数が多くなるので、地元工務店よりも人件費がかかることになります。

またCMやモデルハウスなどにも経費がかかるため、その分は建築費に上乗せされています。

その点、工務店では余計な人件費や広告宣伝費がかかっていません。

同じコストで考えた場合は、大手ハウスメーカーよりも地元工務店のほうが質のよい家を建てられるでしょう。

地域密着型なのでトラブル時の対応が早い

地元工務店は何かトラブルがあった場合の対応が早い傾向にあります。

なぜなら全国展開している大手ハウスメーカーとは異なり、工務店は地域密着型だからです。

また工務店の特徴としてほとんどの場合は、あらゆる業務を一人の担当者で対応できます。

工務店の担当者が対応する業務
  • 窓口
  • 設計
  • 引き渡し
  • アフターサービス

大手ハウスメーカーの場合は営業担当者と設計者が異なるため、トラブル対応がスムーズにいかないことも多いでしょう。

一つの不具合であっても、その確認作業に時間がかかることが多くあるのです。

また、全国展開しているハウスメーカーでは、転勤により担当者が途中で変わってしまうことも珍しくありません。

地元工務店の場合は担当者が変わらないことがほとんどなので、その点でも安心感があります。

住宅デザインの自由度が高い

工務店は施工上の制約が少ないため、顧客の要望に応じた家づくりが可能です。

工務店では一軒ごとに設計して材料を仕入れるため、こだわりの間取りにできるからです。

一方で、大手ハウスメーカーでは全国で安定した品質の住宅を建てるためにパッケージ化されています。

そのため自由度はあまり高くありません。

工務店の場合は「あと10㎝窓枠を大きくしたい」といった細かな要望の対応ができやすくなります。

こだわりのある家づくりが実現できるのは大きなポイントです。

地元工務店で家を建てるデメリット

それでは、地元工務店で家を建てるデメリットはどういった点があるのでしょうか。

デメリットを把握しておくことで、納得して工務店を選べます。

住宅を建てたあとに倒産する可能性がある

工務店は経営規模が小さいため、大手ハウスメーカーと比べて倒産するリスクは高くなります。

工務店で家を建てる場合には下記の点をチェックすると、万が一倒産した時のリスクを最小限に抑えられます。

工務店の倒産の心配を考えた場合にチェックするポイント
  • 住宅完成保証制度に加入しているかどうか
  • 支払いはなるべく住宅完成のタイミングにする
  • 住宅瑕疵担保履行法を利用する

※住宅完成保証制度とは、注文住宅の契約後に工務店が倒産などで工事ができなくなった場合に生じる前払金や工事の引継ぎで生じる費用が保証される制度です。

万が一の倒産に備えてチェックしておくと、工務店を選ぶ時に安心できます。

施工の質が工務店によって違う

工務店の場合、会社によって技術力やデザイン力にバラつきがあります。

また、担当する職人の技術力や経験年数によっても差がでてくるでしょう。

古い工務店であれば安心感はあるかもしれませんが、中には昔ながらの家づくりのままとういうところもあります。

今風の間取りや設計ができない工務店もあるというのが現状です。

技術力やデザイン力などをチェックするために、以下の点に気を付けましょう。

技術力などのチェック項目
  • モデルハウスがあるならば行ってみる
  • ホームページなどで過去の施工例を確認する
  • 地元での口コミや評判を調べる

また工務店によって得意とするデザインなどが異なるため、建てたい家のイメージと合っているか確認しておきましょう。

展示場がないので完成後のイメージがつかみにくい

ほとんどの工務店では展示場やなどがなく、完成後のイメージが掴みにくいです。

設計図や模型などで説明はしてもらえますが、やはりイメージが湧きづらいと感じる方もいるでしょう。

完成後に『イメージと違った』ということがないように、次の点に注意しましょう。

イメージと違ったとならないためのチェック項目
  • こちらの要望をしっかり聞いてくれて、納得がいくまで対話してくれる工務店か
  • 設計図書を把握し、こちらの要望が反映されているか確認する

工務店や担当者との相性もありますので、いくつかの会社で相談してみると良いでしょう。

地元工務店の注意点・確認しておくことは何?

それでは、地元工務店を選ぶ時にどういった点に気をつければ良いのでしょうか?

上記の点に気をつけることで、工務店選びの失敗を防げます。

工務店と住宅の建設予定地が遠すぎないか

家づくりをする際は、なるべく建設予定地から離れすぎていない工務店に依頼することをおすすめします。

一般的な工務店の場合は、建設地までの距離は遠くても車で2時間圏内としているところが多いです。

建設予定地が遠方でも対応してくれる工務店もありますが、建築価格に上乗せして遠方費用が発生する可能性があります。

また、トラブルが発生した場合には駆けつけるまでの時間がかかってしまいます。

気に入った工務店と建設予定地が遠方になる場合は、コストが高くなる点とトラブル発生時のことを理解しておきましょう。

工務店の経営状況はどうか

依頼する工務店の倒産リスクが高くないか判断するために、下記をチェックして経営状況を把握しておきましょう。

工務店の経営状況をチェックするポイント
  • 年間の施工件数を確認する
  • ホームページなどで施工事例が更新されているか
  • 完成見学会などのイベントが定期的に開催されているか

継続して一定の受注をできているということは、それだけ安定している工務店です。

また完成見学会など、内部を見学できるイベントが開催されているかもポイントです。

家づくりに失敗しないために、できる限り情報収集をしておきましょう。

住宅のテイストや得意分野が希望に合っているか

工務店によって得意とするデザインや住宅の作りがあることを理解しておきましょう。

希望の住宅のテイストは?
  • 洋風の家
  • カリフォルニアスタイルの家
  • デザイン性の高いモダンな家
  • 純和風の古民家のような家

上記のように工務店によってこだわりのポイントや得意分野が違います。

自分たちが建てたい家と大きなズレがないように、施工事例なども目を通しておくとよいですね。

住宅の保証内容がしっかりしているか

住宅の保証内容は工務店によって差があるため、注意が必要です。

住宅完成保証制度が利用できる工務店か確認しておくと安心です。

すべての工務店で住宅完成保証制度を利用できる訳ではなく、認可が降りている工務店(登録事業者)に限られます。

そのため住宅完成保証制度が利用できる工務店は高い技術力を持った優良工務店といえるので、工務店選びの基準にすると安心です。

地元工務店はこんな人におすすめ

つぎに当てはまる方は地元工務店で家を建てることをおすすめします。

それぞれについて、詳しく紹介していきます。

低コストで住宅を建てたい人

工務店は、コストをなるべく抑えて住宅を建てたい方には特におすすめです。

大手ハウスメーカーよりも広告宣伝費や人件費が抑えられているので、住宅の品質に直接関係のない費用がかかりません。

また、大手ハウスメーカーでは下請業者に施工を依頼することがほとんどで、工事費用も工務店より高くなります。

工務店であれば自社の大工が施工まで手掛けることが多いため人件費が抑えられ、家の建材や設備に費用をかけられます。

手間がかかっても自由度の高い住宅を建てたい人

工務店は、手間がかかっても自由度の高い家を建てたい人におすすめです。

大手ハウスメーカーのようなパッケージ売りされている住宅ではなく、細部までこだわった家づくりができるからです。

そのため、工務店は大手ハウスメーカーのような展示場やショールームがないことがほとんど。

住宅設備を決める際には自分たちでショールームに足を運ばなければならないため、時間も手間もかかってしまいます。

スピーディなアフターサービスを重視したい人

建設した家の近くに工務店があれば、何かトラブルが起きた場合もスピーディーに駆けつけてくれるので安心です。

大手ハウスメーカーは営業マンや設計者、施工者が分業になっているためトラブル時の確認に時間がかかってしまいます。

また工務店の場合は担当者が途中で変わることはほとんどないため、アフターサービスの面でも安心です。

まとめ:地元工務店で家を建てるメリットとデメリットを解説

この記事では、地元工務店のメリットとデメリットや注意点について紹介してきました。

地元工務店であればコストパフォーマンスとデザイン性の高い家づくりが可能です。

また、家を建てた後もスピーディーに対応してくれるのでアフターフォローも安心です。

ただし工務店によって技術力や得意なデザインは様々なので、慎重に選んでください。

この記事を参考にして、理想の家づくりをしてくれる工務店を選びましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次